ライセンス切り替え制度

ライセンス切り替え制度とは、申請者の経験や技術・専門知識などを鑑みて、一定の水準に達していると判断された場合に、一般社団法人 全日本動物専門教育協会が認定している永久ライセンスを付与する制度です。

当協会の切り替え先ライセンスは、環境省が知識及び技術を修得していることの証明として認めている資格であり、動物取扱責任者の資格要件として求められている要件を満たしています。

この制度は、当協会会員のための制度であり、制度を利用するためには、当協会の会員であることが条件となります。
(個人会員、または、動物関連事業者向けの賠償責任保険加入が付帯した取扱事業者会員のいずれか)

ライセンス切り替え制度の流れ

1.申請

■申請にあたっての注意事項

※審査に必要な情報不足による不承認の結果が多く見られますので、申請書類提出にあたっては書類不備がないようご注意願います。
※パソコンをお持ちでないため、申請書フォーマットをダウンロード出来ないというお問い合わせが散見されますが、当協会から申請書フォーマットの郵送またはFAXはしておりません。申請を希望するご本人がご用意ください。
※職務経歴書は、書面でご用意ください。メール本文への記載は受付不可となります。
※申請料の納入と書類提出は、法人様の団体申込も受付いたします。申請希望人数分をまとめてお手続き頂けます。ただし、申請書類は申請を希望するご本人が作成ください。


【必要書類】
資格証書切り替え申請書 
wordのダウンロードはこちら

② 現有の資格証明書の写し

③ 職務経歴書
※フォーマットは自由です。A4用紙1枚以上でご用意ください。実務内容や受賞歴など、出来る限り具体的にお書きください。

④ 申請料(6,150円/税込)

①②③の書類を、下記までお送りください。
E-mail: sae@zennitido.com
F A X : 0120-15-9912
郵 送: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-5 銀座オオイビル5F
一般社団法人 全日本動物専門教育協会 事務局

④申請料の納入は下記、専用サイトよりお手続き頂けます。


①②③の受理と④の入金確認が出来次第、審査へ進みます。

2.審査

会員であることを確認したのち、申請書類を基に審査を行います。
審査のため、切り替え希望者への面談やメールでの質問、追加書類の提出を求めることがあります。それらは、切り替えの可否の判断材料として用いることがあります。
※審査は当協会理事会の諮問機関である中央委員会において審査するため、1週間ほどかかります。
※提出された書類を基に、経験や技術・専門知識などを審査するため、特に職務経歴書は具体的にお書きください。
※申請内容に虚偽などの法令違反が判明した場合は、審査を行わない、または審査を取り消しますが、申請料の返金はありません。

3.審査結果の通知

ご登録のメールアドレスに、審査結果を通知します。
※審査に関する内容開示、異議申し立ては一切お受けできません。
※審査承認された場合でも、虚偽などの法令違反が判明した場合は承認を取り消し、行政へ通知する場合があります。

4.ライセンス発行

審査の結果、切り替えが承認された場合、ライセンスが発行されます。
その際、登録料(21,000円/税込)が別途かかります。

切り替え先ライセンス一覧

審査の結果、下記4種の中から適切なライセンスが発行されます。申請者本人が指定するものではありません。

・SAE公認トリマー(初級)
・SAE公認家庭犬訓練士(初級)
・SAE公認動物看護師(初級)
・SAE公認動物介在福祉士(初級)

上記4種とも、環境省認定の動物取扱責任者要件適用ライセンスです。

審査基準

<1><2>のいずれかの要件を満たす場合、切り替えを可とします。

<1>切り替え元資格(現有の資格)要件
切り替え元資格が協会発行の初級ライセンスと同等の資格の場合。

<2>実務経験要件
切り替え希望資格にふさわしい業務に、概ね4,000時間以上従事しており、且つ、一定の学術知識を修得していると認められる経歴がある場合。

審査のため、切り替え希望者への面談やメールでの質問、追加書類の提出を求めることがあります。それらは、切り替えの可否の判断材料として用いることがあります。

上記を証明するにあたり、職務経歴書は、実務内容や受賞歴など、出来る限り具体的にお書きください。フォーマットは自由です。A4用紙1枚以上でご用意ください。
審査に必要な情報不足による不承認の結果が多く見られますので、申請書類提出にあたっては書類不備がないようご注意願います。