協会活動内容

公認永久ライセンスの発行

公認トリマー 公認動物看護師 公認家庭犬訓練士 公認動物介在福祉士 公認キャットグルーマー 公認ハンドラ― 公認動物共生環境コーディネーター ホリスティックアニマルアロマアドバイザー・カウンセラー・セラピスト ライセンスの種類

「トリマー」「動物看護師」「家庭犬訓練士」「動物介在福祉士」の4種のライセンスは環境省に認定されており、「動物取扱責任者」への登録が可能です。4種とも「動物取扱業」の種別の5種全て(販売・保管・貸出・訓練・展示)で認められています。

詳しくはコチラ ■公認永久ライセンス

写真:公認永久ライセンス
ページトップへ

各種セミナー、講習会、通信・通学講座

本協会事務局は、愛犬をはじめとする皆様の大切なペットをご一緒に連れてお越し頂けます。
本協会で人気の「ホリスティック アニマル アロマ セラピー」の通信・通学講座をはじめ、初心者用のトリミング・しつけ教室、そして教師講習会まで、さまざまなセミナー・講習、イベントを随時開催いたします。

詳しくはコチラ ■SAEペットの資格サイト
ページトップへ

再教育プログラム

当協会は動物専門教育のエキスパート機関として、動物関連店舗を運営する企業様に、企業研修や再教育プログラムを実施しております。生産性の向上やスタッフの再教育・スキルアップなど、ご要望にお応えする研修プログラムをご提供いたします。

写真:再教育プログラム1 写真:再教育プログラム2
ページトップへ

被災ペット支援について

『アニマルシェルター建設義援金のお願い』 【受付停止】

 アニマルシェルター建設義援金募金中止について(お知らせ)

『東日本大震災被災ペット救済義援金募金のお願い』 【受付停止】

『被災ペットの保護ボランティア募集のお願い』 【受付停止】

個人、団体・グループ、学校を問わず募集させていただきますので、皆さまのご協力をお願い致します。

【1】被災ペットのお世話
【2】被災ペットの一時預かり

以下の注意事項を承諾の上、「ボランティア登録フォーム」にてご登録をお願いいたします。
ご登録いただいた方には、ボランティアが必要になった時点で、本協会より個別にご連絡させていただきます。
※被災ペットの世話についての場所は、確定しだい公表させていただきます。

<注意事項>
※ボランティア活動に関わる諸経費は自己負担にてお願い致します。
(1) 活動に際しての交通費・ガソリン代は自己負担にてお願いします。
(2) 宿泊費(被災ペットの世話の場合)が必要な場合には、原則として手配および宿泊費は自己負担にてお願いします。
(3) 活動にあたっては、ボランティア保険に加入いただきますが自己負担にてお願いします。
(4) 飼育費用(一時預かりの場合):フード・ペットシーツなどの消耗品の費用負担をお願いします。


また、円滑な作業のために以下についてお願いします。
(1) 原則として、事故などがあった際には自己責任となりますので予めご了承ください。
(2) 具体的な活動内容は、追って協会よりご連絡いたしますので、定められたルールに従って活動していただきます。
  ご自身の危機管理も含め、冷静な判断のもとに活動をしていただくことが大切です。ご協力をお願いいたします。
(3) 18歳未満の方は、保護者の同意承諾書をご提出ください
(4) 被災ペットについて、その動物の飼い主が今後の飼育継続が不可能になった場合、新しい飼い主探しについての
  ご協力をいただく可能性がありますので予めご了承ください。

【ボランティア登録フォーム】 ※下記のファイルをダウンロードして頂きメールまたはFAXして下さい。

『支援物資提供のお願い』 【受付停止】

皆さまからの多大なるご支援により、たくさんのペットフードをはじめとする物資を頂戴致しました。
温かいご支援・ご協力ありがとうございます。
被災地の現状としましては、各ご家庭での経済的な問題も大きく、ペットの治療代も節約せざるをえない状況であるとの事です。その中でもペットシーツをはじめとする消耗品購入も大きな負担となっており、各種消耗品物品の支援要望が被災地より多く寄せられております。
また、東北の厳しい冬を過ごすためにも、「ペット用ヒーター」を必要とするご要望もいただいております。
是非とも皆様からのご支援ご協力の程、心よりお願い申し上げます。
≪被災地で必要とされている主な物品≫
●ペットシーツ
●ペット用おむつ
●ペット用消臭剤
●猫用のトイレ砂
     などの各種消耗品
●ペット用ヒーター(使用/未使用は問いません)

【救援物資受け入れ問い合わせ窓口】
一般社団法人 全日本動物専門教育協会
〒104-0061 東京都中央区銀座 2丁目10番5号 銀座オオイビル5F
TEL : 03-5565-0533  FAX : 03-5565-0544  Mail :

『東日本大地震被災ペットのお預かりについて』 【受付停止】

ページトップへ

犬の戸籍登録・発行

大切な家族の一員の証として「犬籍証明書」の発行を行っています。血筋を証明する血統書という考え方ではなく、世界で初めてのペットの身元を証明する、ペットの戸籍謄本です。殺処分0(ゼロ)と笑顔あふれるペットとの幸せの暮らしのために、発行を推進しています。

写真:会報誌「犬籍証明書」
ページトップへ

各種探知犬育成及びハンドラーの斡旋

成田空港および関西空港において、日本国民の食の安全と安心を守るとても重要な使命を帯びた検疫探知犬のハンドリング業務(農林水産省)を受託、ハンドラーの派遣及び銃器探知犬を納入した実績があります。

また東京税関より、日本国民の安全で安心な生活をを守るとても重要な使命を帯びた銃器探知犬のハンドリング業務を受託し、ハンドラーおよび探知犬を派遣した実績があります。

どちらも日本初となる民間業務受託となり、日本国民の安心・安全を守る重要な使命の一端を担うことができました。

また、平成21年度6月に、銃器探知犬業務開始に際し、探知犬育成及び業務の円滑な推進のために多大なご協力を賜りました関連企業・団体さまに感謝状を贈呈いたしました。

写真:銃器探知犬 写真:銃器探知犬ハンドラーと銃器探知犬

(Vito&Samantha) 銃器探知犬ハンドラーと銃器探知犬
(Vito&Samantha)
ページトップへ

動物教育関連図書の調査・研究及び販売

「ドッググルーマー」、「キャットグルーマー」、「ホリスティックアニマルアロマセラピーⅠ アドバイザー講座」、「愛玩動物救命士」の4種類のテキストを発行しています。カラー写真図解掲載で、基礎から応用までをカバーした1冊は、採用加盟校より高い評価を受けています。

写真:「ドッググルーマー」「キャットグルーマー」のテキスト2種
ページトップへ

各種委員会の開催と講演会・シンポジウム等の開催

統一した技術指導のもと、レベルの高い資格取得を目指すべく各種委員会を定期的に開催し、資格試験問題の作成や技術指導の意見交換などが行われています。開催にはテレビ会議システムを採用し、全国各地から適宜迅速に開催できるよう運営を行っています。また年に1度、実技主体の各委員会が開催され、知識の共有や技術指導の統一が図られております。

写真:技術指導の様子

 毎年開催されている「教師講習会」では、専門技術の習得だけではない、日頃の教育現場で必要な知識の習得や改善方法、実践方法などについて講演が行われており、多くの参加教員から好評をいただいています。また、全国から教員が集う場でもあり、各学校の意見交換や情報交流の場としても活用されています。その参加者は年々増加しています。

■ 委員会活動

写真:教師講習会の様子
ページトップへ

全国競技会、カットコンテストの開催

日頃培った技術を競うべく、本会主催の「全国トリミング・家庭犬訓練競技会」を毎年開催しております。加盟校に加え、一般会員(未加盟校の学生含む)も加わり、出陳者は毎年増加し、競技会の規模そのものが大きくなっています。 第6回大会より新たに「デザインカットコンテスト」を開催し、全国各地から集結した現役トリマーを含む多くの出陳者が技とセンスを競う白熱した戦いを繰り広げ、来場者を沸かせました!

競技会およびコンテストを通じて学生の技術と感性を磨き、未来のカリスマトリマーや訓練士の輩出に貢献しています。

また、会場内には出展ブースが設けられ、見学生だけでなく一般来場者からも好評をいただいています。

■ 全国競技会

写真:競技会の様子 写真:競技会の様子
写真:競技会の様子 写真:競技会の様子
写真:競技会の様子
ページトップへ

機関誌(会報誌)の発行

年4回、会報誌「ANIMAL WORLD」を発行しています。 協会としての活動報告や、競技会受賞者や当年の資格試験合格者の発表、理事長賞受賞者などのコメントをお伝えしています。 加盟校の交流を図るべく「学校だより」のページを設け、自校の魅力をアピールする場として活用いただいております。

会報誌立ち読みはコチラ
※外部サイトへ移動します。

写真:会報誌「ANIMAL WORLD」
ページトップへ

本協会事務局内での貸しセミナールーム

「スクール形式でのセミナーや会議でのご利用。
また、犬や猫などの動物同伴での「しつけ教室」や「トリミング講義」をはじめ、さまざまな目的でご利用いただけます。
ペットショップ経営の方々や、各種学校様、企業様など是非ともご利用ください。

※貸しセミナールームのご案内詳細はこちら


ページトップへ